【高校受験入試対策】中学生向け英単語帳&英熟語帳おすすめ人気3選

小学生から中学生になると、勉強の内容もグッとレベルがあがり、テストの点数にも差が明確にあらわれるようになってきますよね。

中学1年の最初の中間テストや期末テストの出来具合で、子供の偏差値や順位がなんとなく想像できるようになり、3年後の高校受験のことも親としては気になってくるものです。(我が家も娘が中学生になり、高校受験についていろいろと調べるようになりました)

スポンサーリンク

受験の時に重要になる内申は、中3だけでなく中1・中2の成績も対象になるので「まだ中1だから」と気を抜いていると、受験が近づいてきてから後悔してしまうことにもなりかねません。

中学1年の頃からコツコツと勉強する、という学習方法が高校受験対策の基本であり、最も大切なことのひとつといえそうですね。

そこで今回は、我が家の中学生の娘の実体験もあわせて、中学生向けの英単語帳&英熟語帳を人気・おすすめ度・特色等の視点からベスト3つを厳選してみたので紹介したいと思います。

「どの英単語帳がいいの?」「使いやすい英熟語帳はどれ?」「人気、おすすめの英単語・英熟語帳は?」と気になっている、中学生の子供を持つ親御さんの参考になれば幸いです。

中学英語の高家庭な学習法は「英単語と英熟語を覚えること」

中学1年生からは、英語の授業もいよいよ本格的に始まります。

中学生にとって(高校受験対策としても)、英語学習のなかで一番大切になるのは「英単語の意味やスペルを覚えること」です。英語の単語の意味がわからなければ、何が書いてあるのさっぱり意味不明になり、英語嫌いになってしまう可能性もあります。

まずは、基本的な英単語を覚えること、スペルを間違わずに書けるようになること、が大切です。それに加えて英熟語も、ですね。

中学1年生の1学期、2学期くらいまでは、授業の進行スピードもややゆっくり目なのですが、徐々に進行速度も早くなり、出てくる英単語と英熟語の数もどんどん多くなってきます。

社会や理科であれば「わからないことを後で取り返す」といった勉強法ができなくもないのですが、英語や数学は一度つまづくと先へ進めることができなくなり、どんどんと勉強が遅れてしまいます。

子どもにとってみれば「分からないこと」の勉強は何も面白くなくて、ただただつらいだけになってしまいます。英語を楽しく勉強するためにも、まずは英単語と英熟語をしっかりと覚えることが重要になります。

それに、高校受験の入試問題を考えた場合、私立の難関校を目指すのでなければ、長文の読解力よりも「英単語や英熟語をどれだけ多く覚えているか」の方が重要です。勉強した単語の数が多くなるにつれて、長文の読解力も自然に上がるものです。

高校受験対策の英語の勉強は「英単語・英熟語を数多く覚えること、書けるようになること」が最重要というわけですね。

何事も基本が大切と言いますが、高校受験をむかえる中学英語の学習においても同じことがいえます。英語の場合は「英単語・英熟語」が基本中の基本です。基礎が身についていなければ、長文読解やリスニングなどの応用もできませんからね。

そこで、中学生向けの英単語帳・英熟語帳の人気おすすめはどれか、うちの子供の実体験も踏まえていろいろと調べてみました。

【1位】でる順ターゲット 中学英単語ターゲット1800 高校入試
【2位】キクタン「中学英単語」高校入試レベル
【3位】システム英単語 中学版

次に、それぞれの特色や内容についてまとめて書いておきますので、英単語超選びの参考にしてみてください。

【1位】でる順ターゲット 中学英単語ターゲット1800 高校入試


→でる順ターゲット 中学英単語ターゲット1800 Amazon


→でる順ターゲット 中学英熟語ターゲット380 Amazon

高校入試を控えた中学生向けの人気おすすめ英単語帳・英熟語帳、堂々たる第1位は「でる順ターゲット 中学英単語1800」「でる順ターゲット 中学英熟語360」です。

英単語といえば、定番中の定番「でる順ターゲット」ですね。高校受験の中学生向けだけでなく、大学受験の高校生向けの英単語もあり、ド定番で安定の人気です。

でる順ターゲット英単語1800は、その名の通り英単語1800語が掲載されています。この数は様々な種類がある英単語帳の中でもおそらくNo.1です。

「量が多すぎて・・・」と思う人もいるかもしれませんが、でる順ターゲットは「でる順」というタイトル通り、高校受験にでる順に5つのレベルに分類されているので、受験する高校のレベルや偏差値に合わせて覚えたほうがいい英単語の数がわかる、という特色があります。

例えば、公立高校を目指すなら800語、公立高校の上位校が合格目標なら1100語、私立・国立高校であれば1500語、最難関校なら1800語といったように、それぞれの偏差値や目標とする高校のレベルに応じて、どの英単語を覚えればいいかがわかるので取り組みやすいのもメリットですね。

でる順ターゲットは、過去の高校入試の問題をコンピューターで分析して、1800語の英単語を入試問題での頻出度が高い順にレベル分けしている、というまさに高校受験にピッタリの英単語帳です。英熟語バージョンは「高校入試でる順ターゲット 中学英熟語380」になります。

スポンサーリンク

この2冊があれば、高校受験対策としての英単語と英熟語の勉強は完璧と言えるんじゃないでしょうか。

音声を無料でダウンロードできるので、発音チェックもできます。

「どの英単語帳&英熟語帳がいいのか?」と迷ったら、とりあえずターゲットにしておけば。まず間違いありません。それだけ中学生に人気があり、安心して高校受験対策におすすめできる英単語&英熟語帳です。

【2位】キクタン 中学英単語 高校入試レベル CD付 改訂版


→キクタン【中学英単語】高校入試レベル CD付 改訂版 /Amazon


→キクジュク 中学英熟語 高校入試レベル―聞いて覚えるコーパス英熟語 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)/Amazon

中学生向けの人気おすすめ英単語帳&英熟語帳、第2位は「キクタン【中学英単語】高校入試レベル」です。ポップなリズムに合わせて聞いて覚えるベストセラーシリーズの中学生向けの英単語帳ですね。

「キクタン」シリーズの特徴は、付属のCDを聴いて耳で学習する、という点です。CDにはポップで楽しげな音楽に合わせて「英語→日本語→英語」の順番に収録されています。

IpodやIphoneにCD音源を入れておけば、ちょっとした空き時間やスキマ時間に聴くことができるので、学習効率もアップしやすくなりますね。英熟語版は「キクジュク 中学英熟語 高校入試」になります。

大学受験用の高校生向け「キクタン Basic 4000」も受験生の間で高評価です。

キクタンシリーズは、高校受験勉強の中学生向け、大学受験の高校生向け、としてだけではなく、大人の英語学習でも人気の英単語帳です。通勤や通学のときに聴きながら学習できるので使いやすくて便利ですね。

【3位】システム英単語 中学版(駿台文庫)


→システム英単語 中学版(駿台文庫)Amazon

中学生向けの人気おすすめ英単語帳、第3位は駿台の「システム英単語 中学版」です。略して「シス単」。これも定番の英単語帳のひとつですね。

この「システム英単語 中学版」の特徴としては、ターゲットやキクタンとは違い、この1冊に英単語と英熟語の両方が掲載されている、という点です。音声CDも付属されています。

親からすれば、内容は詳しい方がいい、と考えやすい傾向があり、参考書や問題集を何冊も購入したりするケースも少なくありません。しかし、実際に勉強する子ども側からすると、分厚い参考書や問題集が何冊もある、となると、「こんなにもたくさんの量をやらなきゃダメなの?」とモチベーションが下がりやすくなってしまいます。

大人になってから勉強する場合でも、気分的には「多いより少ない方がうれしい」というのが本音ですよね。笑

その点、このシス単は1冊で英単語と英熟語が網羅されているので、スッキリしますし、子どもの気分的にもストレスになりにくいメリットがあります。

また、システム英単語の高校生向けの大学受験用は、塾の講師が「シス単に代わるものはない!」と太鼓判を押すくらい、高評価されている英単語帳になります。

「システム英単語 中学版」では、1700語の英単語に加えて英熟語も掲載されていて、内容はは、中1レベルの英単語&英熟語500語、中2・中3レベル、高校入試に必要な英単語と英熟語、という順番になっているので、高校受験の勉強用としてだけでなく、中学1年や2年の定期テスト対策としても活用できます。

高校受験対策|中学生向け英単語&英熟語帳【まとめ】

英単語帳&英熟語帳を購入するタイミングによっても、どれにするか変わってくるかもしれませんね。

まだ中学1年生であれば、高校入試問題での頻出順よりも、学年順に並んでいる「システム英単語 中学版」の方が日頃の勉強がしやすいと思います。(参考までに、うちの中1の娘は「システム英単語 中学版」にしました。高校受験での目標レベルは、公立高校の上位校です。学校での定期テストの点数は85点〜95点くらい)

書店に行くと、高校受験対策の中学生向け英単語&英熟語帳もかなりたくさんの種類が並んでいるので、「どれを選べばいいの?」と迷ってしまう人もいると思います。

結論から言うと、高校受験対策をメインに入試問題の頻出度順で学習するなら「でる順ターゲット 中学英単語1800」、耳で聴く学習方法にポイントを置くなら「キクタン【中学英単語】高校入試レベル」、中1から定期テスト対策も考慮するなら「システム英単語 中学版」を選べばよいかと思います。

スポンサーリンク