アドセンスで稼げるまでの記事数は?100記事が必要?

「Googleアドセンスで稼げるまでの記事数はどれくらい?」という疑問や質問を抱くアフィリエイト初心者さんは多いです。

私も、かつて、まだアドセンスで月1万円も稼げない状態のときは「記事数はどれくらい必要なのか?」とすごく気にしてした時期もありました。

スポンサーリンク

とうことで、今回は「アドセンスで稼げるまでの記事数は?」という質問をテーマに書いていきますね。

アドセンスで稼げるまでに必要な記事数は?

いつかは忘れましたが、私もどこかで「最低100記事は書かなければ稼げない」という声を聞いたことがあります。

たしかに、たった2〜3記事しか記事数がなければ、アドセンスで稼ぐのは難しいです。

ですが、ただ記事数が多ければいい、100記事あれば絶対に稼げる、というモノでもありません。

たとえ記事数が1,000記事あったとしても、中身のない記事ばかりで、誰からもアクセスされない記事ばかりでは、PV数もほとんどありません。

逆に、たくさんの人がじっくり時間をかけて読む記事が100記事以下だとしても、アクセス数は多くなるので、かなりのPV数になります。

どちらがアドセンスで稼げるか、一目瞭然ですよね!?

まだ、アドセンスで1万円〜5万円を稼げていない人は、ついつい記事数が気になる傾向がありますが・・・

本当に大切なのは、記事数ではなく、記事の質=クオリティです。

ゴミ記事を100記事、300記事と増やしても、ほぼ意味がないです。

そんな繰り返しだと、いつまでたってもアドセンスで月1万円も稼げない、と思います。

大切なのは、あなたのサイトやブログの訪問ユーザーにとって、役立つ情報を提供すること、です。

ユーザーが知りたいこと、疑問に思っていること、をしっかりと記事に書く、わかりやすく、読みやすく書くこと、がアフィリエイトで稼ぐためには大切です。

アフィリエイトでも、アドセンスでも、「人のために役立つから収入が発生する」ということですね。

とはいっても、記事数の目安はどれくらい?

とはいっても、やっぱり記事数が気になる人も多いと思うので、記事数の目安の参考について。

アドセンスでも、他のアフィリエイトで稼ぐにしても、記事投稿は1日1記事のペースで、1ヶ月に30記事を目標にすると良いと思います。

とはいっても、平日は仕事や用事があって、なかなかまとまった時間がとれない、記事が書けない、という人もいると思います。

そういう人の場合は、平日(月〜金)の間に3記事書いて、週末(土日)で2記事ずつ書く、といったように、1週間で7記事に調節する方法でも良いです。

「1万円でも多く、早くアドセンスで稼ぎたい!」とやる気があふれている人は、1日2記事で1ヶ月60記事、1日3記事で1ヶ月90記事でも良いです。

質の良い記事数が多ければ多いほど、やればやった分だけアドセンス報酬も増えると思ってください。

ただ、最初のうちは勢いがあって1日2記事書いていたけど、途中から1日1記事も書かず、1週間に1記事になってしまった・・・

というように、記事投稿の更新頻度がガクッと下がり、投稿間隔が空いてしまうのは、SEO的にあまり望ましくありません。

スポンサーリンク

ですので、1日2記事以上と多く記事数を書いた場合でも、すべての記事をその日に投稿してしまうよりも、記事をためておく方法もおすすめです。

多く書いた記事は、ストック記事として置いておきましょう。

例えば、
1日・・・1記事(記事A)
2日・・・2記事(記事B、記事C)
3日・・・2記事(記事D、記事E)
と記事を書いた場合は、

1日・・・記事Aを投稿
2日・・・記事Bを投稿
3日・・・記事Cを投稿
4日・・・記事Dを投稿
5日・・・記事Eを投稿
といった感じですね。

で、ストックした記事は、基本的には古い順番に投稿していくようにしましょう。

投稿の順番をごちゃごちゃにしてしまうと、記事を管理するのも大変ですからね。

記事を書かないよりは50点の記事でも投稿した方が良い

1日1記事の投稿をしなくなってしまう人の多くは、「90点以上の記事を書かなければいけない」といったような完璧主義の傾向があるみたいです。

当然ですが、記事の質に関していえば、質が低いよりも高い方が断然良いです。

ですが、全然記事を投稿しないよりも、50点くらいの出来栄えの記事でも投稿した方が良いです。

これは、どんな内容の記事でもとにかく投稿した方が良い、という意味ではありません。

あまりに質が悪い記事ばかりだと、逆にwebサイトが低評価されてしまうことになるので、ゴミ記事の量産はやめましょう。最低でも50点くらいのクオリティ=質は必要です。

ここで言いたいのは、手抜きしてもいい、適当に書けばいい、ということではありません。

多くの人は「自分の記事を低評価しがち」です。

「この内容だとまだまだ」「こんな記事は人に見せられない」「まだちゃんと完成できていない」と、せっかく書いた記事を修正して、また修正して、といつまで経ってもなかなか投稿しない人も少なくありません。

あまりにも高い完成度を求めてしまうがゆえに、それで手が止まってしまい、記事投稿が全然進まなくなってしまうのです。

これは、結果的にみれば記事を投稿していない、状態です。

せっかく記事を書いたのに、質を求めすぎて、記事を投稿しないのは本当にもったいない。です

記事の完成度が100点じゃなくても大丈夫だ、記事を投稿しないよりは50点でもいいので投稿しよう、というような気持ちを持ってください。

ここで大切なのは「記事を投稿すること」です。

・もっと早く結果が出る方法はないか?
・さらに効率が良いノウハウやテクニックは?

と、あれこれ目移りして、いろいろな手法を探したくなる気持ちもわかりますが。。。

webサイトへのアクセスを増やし、収入を伸ばすために重要なのは「記事数と投稿頻度」です。

テクニックがどうとか考える前に「1日1記事」ができていることが大前提になります。

毎日、コツコツと記事更新をしっかりと続けていくことがアドセンスで稼ぐまでの近道になります。

まさに「継続は力なり」です。

まとめ「アドセンスで稼げるまでに大切なこと」

・アドセンスで稼ぐために重要なのは記事数じゃない
・記事数よりも、記事の内容(質)が大切
・記事数1,000個のゴミ記事よりも、良質な100記事の方が良い
・多く記事を書けた日は、記事をストックしておく
・1日1記事のペースで記事投稿するのが理想的
・100点の記事内容じゃなくても投稿することが大切

スポンサーリンク