ID-100394934

ADHDの治療薬コンサータの効果は?メチルフェニデート

ADHDの治療で使われる薬は「コンサータ(メチルフェニデート)」という神経刺激薬の一種です。

今回は、ADHDの治療薬コンサータの効果について調べてみました。

スポンサーリンク

ADHDの薬コンサータの効果は?

コンサータ(メチルフェニデート)という治療薬の効果は、ADHDの不注意、多動性、衝動性の症状に対して効果が高い薬です。

薬を飲んだ直後から約12時、ADHDの症状が抑えられる効果が続きます。

ADHDの治療薬コンサータ(メチルフェニデート)の効果は、ADHD患者の80%に効果があることが研究でわかっていて、とても効果性の高い有効な治療薬といえます。

特に、コンサータ(メチルフェニデート)は、ADHDの多動性と衝動性の症状によく効くので、多動性衝動性優位のADHDの治療には必須といえます。

また、不注意の症状にも効果があるので、不注意型のADHDの治療でもコンサータ(メチルフェニデート)を使った薬物療法が行われるのが一般的です。

コンサータの具体的な効果

・人の話を集中して聴くことができ、先生の指示にも従えるようになる
・集中力が続き、授業内容を理解できる、課題を最後まで終わらせることができる
・約束を忘れずに覚えておくことができる
・衝動的ではなく、頭で考えてから行動できるようになる
・刺激に対して過剰に反応しなくなる

スポンサーリンク

コンサータ(メチルフェニデート)の作用機序

実は、コンサータ(メチルフェニデート)が具体的にどのように脳に作用して、ADHDの症状を抑えるのか、仕組みははっきりとは解明されていません。

ただ、コンサータ(メチルフェニデート)の成分が、神経伝達物質のドーパミンの働きを活性化することは研究で明らかになっています。

ADHDの場合、ドーパミントランスポーター(再取込み口)の働きが亢進していて、神経細胞間のドーパミンの伝達がスムーズに行われなくなっています。

コンサータ(メチルフェニデート)は、このドーパミントランスポーターに働きかけで、再取込みが過剰に行われないようにコントロールする作用があります。

ですので、コンサータ(メチルフェニデート)を飲むと、ドーパミンの濃度が上がり、ドーパミンによる神経伝達がスムーズになり、その結果、ADHDの症状が抑えられるようになるのです。

コンサータがドーパミンに作用する仕組み

コンサータによって、ドーパミントランスポーターの働きが制御され、神経細胞から放出されたドーパミンが再吸収されず、シナプス間隙に多く存在する

↓↓

ドーパミンがドーパミン受容体に結びつきやすくなる

↓↓

ドーパミンの働きが活発になる

↓↓

行動や感情のコントロールができるようになり、ADHDの症状がおさまる

◆この記事は、元東京大学医学部附属病院小児科医長、お茶の水女子大学大学院教授である榊原洋一先生執筆・監修「図解よくわかるADHD(ナツメ社)」の内容を元に、当サイト編集事務局の心理カウンセラーが記事編集をしています。

スポンサーリンク