アサーションの意味は?トレーニング方法と行動療法について

アサーションとは、日本語に訳すと「自己主張」という意味になります。

自分が思っていることをうまく相手に伝える技術を身につける方法として、アサーショントレーニングに注目されてきています。

アサーション(自己主張)の重要性について

自己主張が苦手な人は、理不尽な指示や命令に対しても反論できず、いやいや従ったり、いじめられたり悪口を言われたり、暴力をふるわれていても反抗できず、やられっぱなしになってしまうことも少なくありません。

スポンサーリンク

その結果、自分の気持ちや感情を抑え込んでしまい、ストレスがたまると心の病気になるリスクも高くなりかねません。

また、自己主張が強いか弱いかによって得られる社会的利益
にも大きな差が出てきます。

うまく自己主張できる人、自分の気持ちや考え方を上手に伝える能力は、人間関係を円滑にし、多くの情報や気づきを得ることができます。

それに対して、自己主張が苦手な人は、社会的にも孤立しがちな傾向がみられます。

アサーショントレーニングとは?|行動療法

アサーショントレーニングとは、自己表現や自己主張をうまくできるようになるための訓練を意味します。

スポンサーリンク

例えば、人間関係に不安や恐れを抱いている人、自分に対してネガティブになりがちな人、自己表現が苦手で臆病な人、逆に自己主張が強すぎる人、などに対して、自分も相手も大切にする自己表現や、人間関係をうまく築いていくコミュニケーションスキルをトレーニングしていきます。

アサーショントレーニングは、自分の感情を表現する方法を訓練する、という行動療法の一環として始められたのがきっかけです。

訓練において重要なポイントは、自己主張が苦手なのは本人の思い込みによるものか、自己主張する場所がふさわしいか判断できないか、など、どんな部分が欠如しているのか明確にしてからトレーニングに取り組むことが大切です。

まとめ|アサーション(自己主張)について

・アサーションとは自己主張の意味
・うまく自己主張できる人は、豊富な人間関係、多くの情報や気づきを得ることができる
・自己主張が苦手な人は、社会的に孤立がちな傾向がある
・アサーショントレーニングは行動療法の一環として始められた

◆この記事は、東京福祉大学名誉学長、立正大学 心理学部元教授の松原達哉先生執筆・監修「臨床心理学図解雑学(ナツメ社)」の内容を元に、当サイト編集事務局の心理カウンセラーが記事編集をしています。

スポンサーリンク